【後悔しない保活】保育園見学で見るべきポイントと質問事項まとめ

子育ての知恵
スポンサーリンク

大切な我が子を預ける保育園。

どんな先生がいて、どんな雰囲気で、どのような教育方針なのか?・・・などなど、保護者として気になることはたくさんありますよね。

わたしは通える範囲の保育園4ヶ所を見学したのですが、やっぱり各園でそれぞれハッキリとした違いが見受けられました

小さい子を連れての保育園見学はなかなか大変ではありますが、先生との相性をみたり、子どもが安全に楽しく過ごせる場であるかを自分の目で確かめるためにもぜひやっておくべき!とわたしは思います。

といことで今回は、わたしの経験も踏まえながら保育園見学で見ておきたい・聞いておきたいことやポイントをまとめてみました。

あとで聞き逃した・・・ということが無いように、事前準備はしっかりして行きましょう!

 

スポンサーリンク

保育園見学のポイント

保育園、何ヶ所見学する?

できれば通える範囲の保育園数件、まわってみるのがオススメです。

なぜかというと、1件だけでは比較対象がないので「保育園はこんなものか」と良くも悪くも納得し(特に第一子の場合)、その保育園独自の良さ・悪さがなかなか見えてきません。

例えば、基本的にはどの園の保育士さんも優しいですが、特に評判の良い保育園だとさらにきめ細やかさに磨きがかかった対応がなされたりと、比較対象があることで違いが一目瞭然でみてとれます。

また、保育園の外観や立地条件等から「ここはいいや~」と思っていたところが、見学でその園の先生方の人柄や対応に触れることで自分の気持ちが180度変わることもあります!(実際に私は見学前の希望順位では最下位だった園の対応に感動し、そこに入園を決めることとなりました。)

待機児童問題もあり必ずしも第1希望の保育園に入れるとも限りませんので、優先順位を明確化させるためにも数件は見学しておくことをおすすめします。

 

まずは電話で見学の予約をしよう

見学したい保育園を決めたら、まずは電話で見学の予約日時を取り付けます

「見学希望です」と言うことを伝えれば、後は担当者の方から話を進めてくれるでしょう。

また、見学会を随時行なっている保育園もありますので、ホームページも確認しておくと良いです。

 

見学する時間帯は午前中が◎

普段の園児たちの活動の様子を見るなら、午前中(10時〜お昼ごはん前)がおすすめです。

保育士さんと園児たちとの触れ合う様子も伺えて、入園後のイメージも掴みやすいです。

午後は、お昼寝の時間と被ってしまう場合があります。

 

見学当日の服装

服装は、極端なもの(あまりにも派手すぎたり)でなければ普段着で大丈夫です。

ただし、裸足は避けましょう!

マナーとして、靴下またはストッキングを履いていきます。

 

見学時の持ち物

絶対に必要な持ち物というのは無いのですが(あれば予約の電話時に言われるはず)、質問などをメモするための筆記用具があると便利です。そして、聞きたいことを事前にまとめたチェックリストを持っていくと、聞き忘れを防げます。

スリッパは園の方で用意してくれることがほとんどかと思いますが、心配でしたら園に聞いてみるか、あらかじめ用意して行きましょう。

また、見学時に園の資料などを頂いたりもするので、それを持ち帰るためのクリアファイルやかばんもあれば良いですね。

 

見学前にホームページなどで下調べしておく

調べれば簡単に分かることを質問しないようにしましょう。

せっかく足を運んで見学するのだから、ホームページからでは分からない情報を聞きたいですよね。

 

保育園見学で聞いておきたい質問事項まとめ

聞いておきたい質問事項をまとめました。

後で聞き忘れがないように、事前にチェックリストを作ってまとめておきましょう!

  • 保育料以外にかかる費用

制服代や給食代、冷暖房費などのことです。これは園によって様々で、高いところは高いです!

入園してから、あまりの高さにびっくり!ということが無いようにしたいですね。

  • 早朝保育・延長保育・休日保育の利用者数

利用者があまりにも少ないと子供が1人でポツンと過ごすことになってしまうかもしれません。親としては、賑やかな方が子供も寂しい思いをしなくて済むのかなとか思ったりします。

  • 早朝保育や延長保育時は、どこでどのように過ごすのか

わたしが見学したところは、全年齢が一つの部屋で集まって過ごすところが多かったです。

低月齢などで、お子さんの安全性が心配な方は質問してみましょう。

  • 母乳の持参は可能か
  • お昼ごはんは給食or弁当?
  • 給食では、どのようなメニュー(献立例)が出されるのか
  • 手作り、無農薬など「食」へのこだわりの有無
  • 栄養士さんは在籍しているか
  • おやつは手作りか、またどんなものを与えているか

聞いたところによると、1歳児さんから大人が食べるようなスナック菓子を与えるところもあるようです。

まだ与えたくないという親御さんも多いのでは・・・。

  • お弁当の日はどのくらいの頻度であるか(遠足の日など)
  • 入園前に準備しておくもの

手作りが必要なものがあるのかが気になりますね。

  • 子供服のルール(フードや紐付き禁止など)はあるか
  • お昼寝布団はレンタル可能か持参か?
  • 毎日の通園時の持ち物

タオルやお着替えの服は1日に数枚必要な場合が多いので、枚数も聞いておくと良いです。

  • 登園時に保護者がやるべきこと(ロッカーの準備など)
  • 登園時、ベビーカーや抱っこ紐を園に預けられるか
  • 両親以外のお迎えは可能か
  • 慣らし保育の期間と進め方
  • 縦割り保育の有無

縦割りクラスでなくても、他の年齢の子たちとの触れ合いはどの程度あるのか?

  • アレルギーに関してどのように対応しているか
  • 病気のときや病み上がり時の対応
  • 薬の服用はお願いできるか
  • 保育園からの呼び出し、お休みの基準
  • 保護者参加必須の行事とその頻度
  • 行事は何曜日に行われることが多いか
  • 子供たちの1日のタイムスケジュール
  • 外遊びやお散歩は、どこでどのくらいあるか
  • 英語、リトミック、お茶教室、体操教室、食育など、特徴的な教育の有無
  • 保育の方針について(ホームページに書かれてることが多い)

遊びが中心なのか、お勉強・規律を重んじるのか?

 

保育園見学で見ておきたいところ

  • セキュリティ対策は万全か

玄関の施錠、出入りする人の確認はしっかりしているか

  • 立地条件

毎日の送り迎えのしやすさや周囲の安全性はどうか

  • 園庭の広さや遊具の数は十分か

園庭が狭かったり遊具があまり無い場合は、近くの公園等を利用していることもあるようです。気になるようなら聞いてみましょう。

  • 遊具の安全性は確保されているか
  • 駐車場や駐輪場の有無、広さ
  • 掃除はしっかり行き届いているか?清潔感はあるか?

わたしが見学に行った園で1箇所、でっかいでっかいほこりがいくつも溜まってる保育園がありました・・・衝撃でしたね。何年掃除してなかったらああなるの?(^^;)

おそらくあまり使われていないお部屋なんでしょうが、一応外部の人間(わたし)が来るの分かっててそのままにしておく神経が理解できませんでしたし、他の面でもズボラなのかなという印象がついてしまいました。もともと第1希望だと思っていた園だっただけにかなり残念でした。

あ、でもこれは極端な例だと思います(笑)

  • 安全面に配慮がなされているか
  • 子供たちは明るく元気に遊んでいるか
  • 子供たちは先生に懐いているか
  • 先生の子供たちへの接し方(話し方や態度、表情など)

先生も人間なので、優しい先生もいれば厳しい先生もいるのは当然だと思いますが、その子に合う合わないはあると思います。

  • 先生は笑顔か
  • 先生方の挨拶の様子

見学に行くと、ほとんどの先生方が挨拶してくれます(手が空いていれば)

機械的に会釈してくださる方もいれば、わたしの子供にまで満面の笑みで手を振ってくれるとても愛想の良い先生もいました。

  • 先生は相談しやすい雰囲気か

「相談しやすい=信頼できる」ともいえると思います。

  • 先生同士のコミュニケーションの様子

職場での人間関係が良いと、仕事へのモチベーションもアップしませんか?

嫌々仕事をしている先生より、楽しく仕事をしている先生の方が子どもたちにも少なからず良い影響を与えてくれそうです。

 

事前にチェックリストを用意していこう!

慣れない保育園見学で漏れなく質問するためには、ぜひチェックリストを作って持っていきましょう。

事前に質問したいことを予習しておくことで、自分が見るべきポイントも分かってきます。

また、いくつか保育園を見学して比較することでその保育園の良さをより理解できたり、保育園に対する自分の譲れない条件がハッキリと見えてくることもありますよ。

 

それでは!保育園見学で信頼・納得のいく保育園を見つけられますように。