市販で評判の良い幼児向け英語えほん教材はどれ?おすすめ4つを比較

おすすめ
スポンサーリンク

子供の習い事ランキングでは、常に上位にランクインしている英語・英会話。

現在、英語教育を導入する保育園は増えてきていて、今後もますます英語への関心は高まっていくと思われます。

さて、そんな英語教育ですがとりわけ未就学児さんにおいては、「英語に親しむ」「英語を耳に慣れさせる」ということが主な目的とされているようです。

この時期は本格的に英語をお勉強するというよりも、まずは「英語は楽しいものなんだ!」という感覚を身につけてもらうようにましょう。

 

というわけで今回は「親子で楽しく学べる英語」をテーマに、市販の幼児向けおすすめ英語教材を4つご紹介しようと思います。

★こんな方にオススメ★

  • できるだけ費用を安く抑えたい
  • 教室に通う時間がない
  • 無理なく子供のペースで進めたい
  • 楽しく英語に触れさせたい

 

スポンサーリンク

市販で評判のよい幼児向け英語教材

ペンがおしゃべり!ベビー&キッズえいご絵じてん500 改訂版

ペンがおしゃべり! ベビー&キッズえいご絵じてん500 改訂版 【旺文社 正規販売店】 0歳〜7歳 幼児英語 知育玩具 英語 発音 ひらがな 幼児 知育 絵本 ペン 英語絵辞典 タッチペン おもちゃ 子供英語 歌

created by Rinker
¥5,130 (2019/08/23 10:04:18時点 楽天市場調べ-詳細)

特長①ネイティブの音声で、正しい英語が学べる

付属の音声ペンで絵をタッチすると、ペンがネイティブの発音で単語やフレーズを教えてくれるという優れもの。

おうちでの英語学習のネックとなる「発音」をペンが解消してくれるので、英語が苦手なお母さんお父さんでも安心して使うことができます。

音声ペンで絵をタッチして、直感的に英語を学べるのがいいですね。

 

特長②英語のうたやクイズで楽しく学べる

こちらは歌が5曲、クイズが2種類収録されています。

子どもって歌が大好きですよね。何度も繰り返し歌っているうちに覚え、単語や発音もすぐに自分のものにしちゃいますよ。

 

特長③「英検Jr.」や小学校英語の準備にもおすすめ

厳選された500語・100フレーズで、「英検Jr.」や小学校英語の準備にも役立ちます。

対象年齢が0〜7歳なので、長く使えるのが嬉しいです。(ちなみにこちらのシリーズは小学生版もあります。)

特長④日本語と英語モードの両方が聞ける

英語のみならず日本語も再生できるので、両方の言葉を覚えられます。

これ1冊で日本語も学べるのは、一石二鳥で親としても助かります。

その他

絵柄や色味が可愛らしいので、子供がとっつきやすいように思います。

音声ペンで絵をタッチするだけで、直感的に英語を学べるのがいいですね。

また、ディスプレイを使わないので視力低下の心配もなく、安心して好きなだけ遊ばせることができます。

はじめてのえいかいわえほん

はじめてのえいかいわえほん きいてうたってはなせるようになる! ([バラエティ]) [ 仲田利津子 ]

created by Rinker
¥4,298 (2019/08/23 10:04:18時点 楽天市場調べ-詳細)

特長①ネイティブの音声で正しい英語が学べる

こちらもおしゃべりタッチペンが付属しており、絵をタッチするとネイティブの発音で単語やフレーズを教えてくれます。

子どもはまだ字が読めない分、耳で聞いた通りの綺麗な発音を素直に吸収してくれます。

ブルーライトの心配もなく、思う存分に遊んで(学んで)もらうことができます。

特長②英語のフレーズソングで楽しく学べる

リズムにのって英会話をおぼえられるフレーズソングが19曲も収録されています!

これだけあれば十分に長く楽しめるのではないでしょうか。

ちなみに、英会話は197フレーズ、英単語は275語収録されています。ボリュームは文句なしだと思います。

 

その他

音量が5段階で調節が可能。

タッチエリアが広く高感度なペンで、小さい子どもにもストレスなく操作できる作りになっています。

 

はじめてのえいごレッスンえほん

イーオンこども英会話監修 はじめてのえいごレッスンえほん (音のでる知育絵本 31) [ 株式会社イーオン ]

created by Rinker
¥5,130 (2019/08/23 00:10:30時点 楽天市場調べ-詳細)

特長①ネイティブの発音で正しい英語が学べる

こちらも付属のタッチペンで絵をタッチすると、ネイティブの発音で単語やフレーズが流れてくる仕様になっています。

タッチペンで感覚的に楽しく英語が学べます。

高感度なタッチペンで、5段階での音量調節が可能です。

特長②「チャンツ」で効果的に発音を練習できる

チャンツ(ことばあそび歌)とは?

英単語や文章を一定のリズムに乗せて発音したもの。発音やイントネーションを身につけるのに効果的と言われている。

なんでもマネしたがる子供にとって、リズミカルに流れてくる英語(チャンツ)はきっとおもしろおかしく聞こえ、何度も口ずさんでしまうはずです。(意外と大人の方がハマったりして(笑))

繰り返し発音することが英語上達の近道と言われるなかで、チャンツは流暢な発音やリスニング力を遊びながらにして習得することが可能です

特長③英語のうたやチャンツなど楽しく学ぶための仕掛けがいっぱい!

英語のうたやチャンツ、クイズ、効果音と子供が楽しく学ぶための要素が盛りだくさんです。

とにかく「遊びの中で英語に触れる」ということに重点が置かれているのを感じとれます。

各収録数は、こちら↓

  • 英単語500語
  • 日常会話140フレーズ
  • 歌6曲
  • チャンツ(ことばあそび歌)10曲
  • クイズ16ジャンル
  • 効果音38音

よみきかせ えいごえほん にほんごつき

よみきかせえいごえほん えいごがだいすきになる ([バラエティ]) [ 仲田利津子 ]

created by Rinker
¥4,298 (2019/08/23 10:04:49時点 楽天市場調べ-詳細)

特長①名作のおはなしを日本語と英語の両方で聞くことができる

こちらは日本語でも楽しめるので、もし子どもが英語を嫌がったとしても本は無駄にならずに済みます(笑)

また、いきなり英語の文章から!と思うと足踏みしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、名作のシンプルでリズミカルな英語は頭にもスッと入ってきやすいと思います。

タッチペンで英文をタッチすると一文ずつ読んでくれるので、聞き取れなかったらすぐに何度でも聞き直して自分のペースで読み進めることができます。(もちろん全文聞き流し機能もあります)

収録されてるお話は全部で5つ。

  • おおきなかぶ
  • ももたろう
  • ありときりぎりす
  • しらゆきひめ
  • 3びきのこぶた

有名で一度は聞いたことのあるお話なので、サポートする側の親としても抵抗感は少ないと思います。

特長②ネイティブの発音で正しい英語が学べる

「よみきかせ」とある通り、文章が中心なので発音時の英語特有の単語と単語のつながり(リンキング)も自然と学べます

特長③ゲームやうたで、遊びながら楽しく学べる!

よみきかせ機能の他に、英語のゲームが3つと歌が2曲収録されています。

楽しい効果音とキャラクターのおしゃべりもあり、飽きさせない工夫がいっぱいです。

絵柄もとてもかわいらしいので、はじめての英語の本でもとっつきやすいのではないかと思います。

 

どれにしようか迷ったら・・・各えいごえほんの比較表

ここまで一気にご紹介してきましたが、

「いまいち違いが分からない・・・で、結局どれがいいの?」

と思われた方のために、上記4つのえいごえほんを比較し、それぞれの特徴を分かりやすく表にまとめてみました。

商品名 ペンがおしゃべり!ベビー&キッズえいご絵じてん500 はじめてのえいかいわえほん はじめてのえいごレッスンえほん よみきかせ えいごえほん にほんごつき
対象年齢 0~7歳 1.5歳~ 1歳~ 18ヵ月以上
英単語 500語 275語 500語
英会話 100フレーズ 197フレーズ 140フレーズ

5曲 19曲 6曲 2曲

クイズ・ゲーム

2つ 16ジャンル 3つ

読み聞かせ

名作5話

その他

・英語と日本語の両方で学べる

・絵が可愛い

・英語の歌の収録数が充実している

・チャンツ(ことば遊び歌)10曲

・効果音38音

・効果音あり

・キャラクターのおしゃべり

・絵が可愛い

こんな方にオススメ!

「英検Jr.」や小学校英語の準備として学ばせたいという目的がある方

歌って楽しく英語に触れさせたい方

英単語よりも英会話に力を入れたい方

・チャンツで流暢な発音を学ばせたい方

・楽しい遊びの中で英語に触れさせたい方

英語に苦手意識を持っている子

・単語よりもおはなし(物語)に興味がある子

ある程度おしゃべりが上手になってきた子

 

まとめ:英語を直感的に学べるタッチペン付きが良し!

市販の幼児向け英語えほんをお探しなら、断然タッチペン付きの英語えほんをおすすめします。

タッチペン付きの良さとしては、

  • ネイティブの正しい発音を学べる
  • タッチしたらすぐに音声が流れるので、直感的に学ぶことができる
  • 子どもが主体的に学ぶことができる(CDやDVDだと受け身になりがち)
  • 自分の聞きたいところを聞きたいだけ聞くことができる(CDやDVDのように巻き戻す手間が不要)
  • ブルーライトの影響や、ディスプレイによる視力低下の心配がない

などがあり、保護者としても安心して遊ばせる(学ばせる)ことができます。

反対にデメリットといえば、

  • 市販の中では値段が高め
  • 普通の本よりサイズが大きいため場所をとる
  • 持ち運びに不便

といったところが気になる方もいるかもしれませんね。

 

とはいえ、タッチペン付きで見た目も結構しっかりしているので、お誕生日や入園のプレゼントとして贈るのにもオススメですよ。

ぜひ親子で一緒に、楽しい英語の時間を過ごしましょう♪