節約、時短!もっちりおいしいパスタが手軽に作れる「レンジでパスタ」が最高

おすすめ
スポンサーリンク

パスタが大好物のわが家の夫。

先日Amazonで、「絶品 レンジでパスタ」というちょっと胡散臭い(失礼)アイテムを手に入れてきました。

エビス プライムパックスタッフ 絶品レンジでパスタ 1個

created by Rinker
¥1,242 (2019/08/22 20:38:25時点 楽天市場調べ-詳細)

 

・・・が!!

これがめちゃくちゃおいしい!

鍋で茹でるよりもモチモチしてて、手軽に作れるという超有能アイテム!

家で作るパスタのイメージが変わります。

 

ということで、今回は「絶品 レンジでパスタ」についてレビューしてみようと思います。

 

スポンサーリンク

【絶品 レンジでパスタ】とは?

その名の通り、お鍋を使わず電子レンジでおいしいパスタがゆでられる、という便利グッズです。

 

【絶品 レンジでパスタ】ココがおすすめ!

鍋で茹でるよりもモチモチでおいしい!

まず、この商品の謳い文句が「鍋ゆでよりも美味しい」!

その秘訣はゆで汁の循環にあるようです。

鍋でゆでたパスタはデンプンが流れ出ます。絶品パスタではゆで汁を循環させて、パスタの表面にデンプンをコーティングすることで、もっちり仕上がり、ソースがしっかりからみます

 

ちなみに、ソースのからみは鍋ゆでよりも70%アップするとのこと。

 

また、食味官能試験の結果(下の画像)を見ても分かるように、本品「レンジでパスタ」でゆでたパスタの方が、『もっちり感、旨み、甘さ、つや、香り』全てにおいて非常に優れていることがわかります。

 

実際に食べてみて・・・

食べた瞬間、ホントにもちもちしてる!同じパスタなのにこうも違うのか!と思いました。

程よい弾力が心地よく、パスタ本来の風味もしっかり感じられます。

いつものパスタが、ちょっとお高めのパスタになる。

 

というか、わたしが今まで作ってたパスタってパッサパサだったんだな、と気づかされました。風味も何もないし。

 

さらに驚いたのは、遊びに来た妹に「レンジでパスタ」のことは内緒で食べさせたら「なんかおいしい・・・」と言われたこと。

 

大きな鍋を使わなくていい

パスタの何が手間かって、大っきい鍋を準備して、洗うこと!

決して狭くはないはずのシンクでも、大っきい鍋は場所をとるし、洗ってる最中は蛇口にぶつかったり腕に泡がつかないようにしなきゃなどと、何かと気を遣います。(プチストレス)

ラクして小さめの鍋を使うと麺がくっついたり、一部固かったりするし・・・(←これ結構やる。)

 

大っきい鍋を引っ張り出さなくていいというのは、パスタを作るハードルが一気に下がりますね。

 

使用するお湯の量は200〜470ml

基本的にパスタはたっぷりのお湯で茹でるものですよね。

たっぷりだとその分お湯を沸かすのに時間がかかるしガス代もかかる!

まぁ、うちはケトルで沸かすのですが、2〜3回繰り返す必要がありこれまた面倒です。

 

一方「レンジでパスタ」だと、必要なお湯の量は最高でも470ml

このムダのない感じ、好き!

※必要なお湯の量は、パスタの量パスタの袋に表示されてるゆで時間によって変わります。

 

しかも、容器にちゃんと目盛りが書いてあるので、適当にお湯を沸かして必要量の目盛りまでお湯を注ぐだけでOK。

計量カップをわざわざ出したり、細かい目盛りを見なくてもいいのでズボラさんにもピッタリです。

 

麺がくっつかない

さっきも書きましたが、ラクして小さめの鍋でゆでると麺同士くっついたりゆでムラができたりするんですよね。

「レンジでパスタ」も細長い容器なので麺の動きが制限されるし、大丈夫かな?と心配しましたが、今のところ全部キレイに茹で上がっています!

麺がくっつかないようにかき混ぜなきゃ!といちいち気にする必要がないので、他の作業(料理)に集中できます。

 

【絶品 レンジでパスタ】ココが気になる…!

1〜2人前用

最大2人前までしか作れません。

4人家族とかになると、やっぱりここはマイナスポイントですよね・・・。(4人同時に”いただきます”ができない)

とはいえ、美味しさも手軽さも個人的にはパーフェクトなので、4人家族になってもわたしは使う気マンマンでいます。

6人家族になったら悩むな・・・。

 

逆にいえば、自分だけ食べたい!という時にはサッと作れて洗い物も少ないしめちゃくちゃ便利です。

 

「湯きり不要」とあるが、たまに残る

この商品の売りは、「湯切り不要でゆで汁を使い切るからパスタの風味を逃さず閉じ込める」というところにもあります。

しかしその時によって、微妙にお湯が残ってしまうこともあります。パスタの種類などにもよるのでしょうか?

「湯切り不要」と書いてなければ気にすることもなかったのに・・・そこはちょっと残念でした。

 

使用後のレンジは水滴だらけ

蒸気がたくさん発生するので、レンチン終了後には庫内は水滴だらけになっています。

ですがこれは・・・はっきり言ってわたしは気になりません。

もともと普段からキレイにしてるほうではないですし、使用後はレンジの扉を開けっぱなしにしておけばいつのまにか水滴も無くなってますし・・・(笑)

 

常にキレイを保っている方からすると気になるかな?と思い、書いてみました。

 

レンジの大きさに注意!

もしこの商品が気になったら、購入前にレンジの大きさの確認をお忘れなく!

あの、長いパスタを入れる容器ですから、意外と大きいですよ。(わが家はちょうどでした。)

  • 加熱室の有効寸法
  • 庫内左右幅:295mm以上
  • ターンテーブルの直径:240mm以上

電子レンジの側面や製品カタログに書いてあるので、確認しておきましょう!

 

おいしいゆで方を画像つきで紹介

今回は、1人前のパスタをゆでます。(1人で食べました)

使用したものたち↓

 

①パスタの分量をはかる。(1人前:約100g)

今回使用したパスタはもともと100gずつ束になっていたので計量不要ですが、こんな風↓にして1人前(約100g)を測ることもできます。

 

②塩を適量入れる。ポイント!!

パッケージに記載されているゆで方には書かれていませんが、ここで塩を適量入れるとおいしいです!(鍋で茹でる時も塩、入れますよね?)

ただし、一応湯切り不要の商品なので、入れすぎると普通に塩辛くなるので注意!

 

③熱湯を用意し、お湯を必要な量の目盛りまで入れる。

お湯はケトルで沸かしました。

(今回はゆで時間7分のパスタで1人前作るので、必要なお湯の量は240mlでした。)

見えにくいですね;

 

④パスタを容器に入れる。塩を入れた場合は軽くかき混ぜておくといいかも。

パスタで塩とお湯を適当にかき混ぜて、

こんな感じにパスタを容器にセット。

 

⑤フタをして、600Wで7分(パスタに記載されてるゆで時間)レンジで加熱する。

※500Wの場合、パスタに記載されてるゆで時間にプラス1分で加熱。

 

⑥加熱後、フタを外してパスタと残ったゆで汁を10回以上混ぜる。

加熱終了後のレンジについた水滴↓

パスタを10回混ぜる。

今回は湯切り不要で作れました!

 

⑦お皿に盛りつけて、できあがり

 

まとめ:節約、時短、楽チンでパスタはもっと気軽に作れる!

キッチンの便利グッズって、買ってもあまり出番がなかったり結局洗うのが面倒で使わなくなったりすることが多かったのですが、「レンジでパスタ」は節約、時短、楽チンの一石三鳥。

買って大正解でした!(現に1週間に4回もパスタを食べてしまった・・・)

「疲れて晩御飯の用意ができない〜」って日は、パスタがわが家の定番になりそうです。

 

忙しいママさん、便利なものはどんどん使ってラクしちゃいましょう〜。

【絶品 レンジでパスタ】はこちら↓

エビス プライムパックスタッフ 絶品レンジでパスタ 1個

created by Rinker
¥1,242 (2019/08/22 20:38:25時点 楽天市場調べ-詳細)